六害宿終わりました。いやはやキツかったでございますね。

少し長めに見積もって11日頃から皆様の運の流れも普通になることかと思います。
今月度はわたくしは勉強が課題でして、今以上に部屋にこもりながらたくさんの本を読む予定です。


以前も書きましたが、不安や恐怖の感情は自衛のために必要ですが、程度というものがあると思っております。


暇だと人は悪いことやネガティブな結末しか考えないようになります。


そんな自分はダメだという自覚が出た時、そういう感情を持った自分を忘れるために人は焦って行動を起こします。


全て「吉凶は動より生ず」ですので、凶に動く可能性の方が高い危険な考え方であるということは明らかです。つまり、諦めないことを大切にしてしまうと、自分が厄介な存在となり、厄介な結末になることの方が多いです。


諦める・諦めないをポジティブ・ネガティブという解釈で見てる方が多いのですが、それ洗脳されすぎです。


別に、たまには諦めたっていいじゃないですか。


「もういいや」と諦めた矢先にあなたのLINEに好きなあの人から返信が来るのはどうしてでしょうか。ヒントはここに隠されております。





とてつもなく運が悪くなった時に風水とか開運術に頼られる方は多いです。それまでは「金運は西に黄色笑」(確かにこれは誤解を招く風水ですが)と、嘲笑っていたのにも関わらずです。


運が悪い時に動いても凶の出来事を動かしてしまうだけでして、その山場を越えることができる体力や財力があった上で開運したい場合のみご提案をさせていただくというパターンも稀にございます。


ひょっとしたら今の自分の運命を受け入れることって、今の悩みを解決するためにもとても大事なことなのかもしれません。それより今年は足が太くなりやすいことの方を注意した方が良かったりして。