284ce7dd13c5ba43be019aeb5509cfd9_s (1)



人間というものは自己分析が大好きである。


と感じております。


自己評価や自尊心の高い低いというのは関係なく、「あなたをxxのキャラに例えると」という気軽なツールで自分を知りたがる。


どうしても己のことを生きている内に知りたいのです。


自分が一体何者であるのかということを。


どうして好きでもない人からは好かれるのに、なぜ好きな人からは好かれないのか。


どうして言い寄られても迷惑しかない人には口説かれるのに、なぜ言い寄ってきて欲しい人からは口説かれないのか。



この永遠の謎と見せかけた謎でもなんでもないことを知りたいのです。


ちなみに、これは自分に魅力がないとという理由なんかではありません。



そして、


「診断する」ボタンを押す前に願うことといえば、



「神様、できれば男ウケするタイプであるという結果をわたくしにお出しください」と念を送って出た結果が不本意なものだった時、「妥当な判断である」という事実から背け、また別の自己診断ツールで自分が納得するまで自己分析をし、そして神に感謝をする。



気づいたら自分は何者なのか全くわからなくなっているという悲劇があることを知らずに。



重要キャラではない方が長い目で見るとかなり尊いというのに。



しかしながら、自分のことを一番知らなきゃいけないのは自分自身だからこそ、自分のことなんかわからない人はたくさんいるので悩まなくてもいいのではないでしょうか。


☆☆☆


占いをしているとよく見かけるのが、「相手へのアプローチ」とか「こうすればオチる」といった、相手に対しての攻略法です。


確かに、相手のホロスコープや命式さえ見れば多少はわかりますが、成功する保証はありません。それは、無理をして相手の好みに合わせるという行動なので、「ほぼ」うまくいかないことの方が多いかなと思います。


お客様とお相手の運命盤を重ね合わせて結果を出すのが私の仕事ではありますが、どう見てもお客様側の好みのタイプでもなく、好きという感情とは違う感情が出やすいことがほとんどでして、かなり無理をされている方が多いなぁと思っております。



個人的に、相手の攻略法を知るよりも、自分自身が求めてるものを分析した方が、自分好みの男性と、いわゆる恋愛運や結婚運が良い時に巡り逢えるのではないかなと感じております。



例えば、「理想」と「実際の結婚相手」が全く同じであれば早いのですが、そうではない方もいらっしゃるのが現実です。



だからこそ、もっと自分自身の運命盤を知らないといけないんじゃないかなと思います。


自分の運命を先に知ってから、気になるアイツの運命と私の運命は重なるのか否かを見ることの方が良いのかもしれません。


それを知れば、「運命の相手の定義は決して男女関係のことだけを指しているわけではない」ということにも気づけるチャンスでもあります。