c9bad7fe2fb8459b249b02ac8df19396_t


大変遅くなってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。

年末年始はグータラしていたわけでもなく、いわゆるお正月というのは運勢を見る仕事を地元でやっているのです。コーッソリやってます。


どうか今年も占いのご活用は計画的に、そして冷静な時にしていただければ光が見える結果が出ますので、よろしくお願いいたします。そして、わたくしは変わらず、今年も淡々と真面目に鑑定と開運術のご提案だけをしてまいります。


そういえば六害宿真っ最中ですけど、色々なことが起きてます。運が悪い時はこれにまんまとハマって最悪な日付に逃亡してしまうということかと。「最悪な時は最悪な選択をする」ことを避けるためにも、何より「吉凶は動より生ず」わけですから、最悪な時は動かないという選択をする意識を常に持っていたいものでございます。


六害宿が長い年というのは、世の中が大きく変わる時期ですので仕方ないです。3月上旬までどうなるかなとは思いますが、2020年は6月も忘れた頃にありますので、その辺も覚えておいていただければと思います。


2018年、2019年、そして2020年は「異常干支」です。

と言っても、全てがおかしいということではなく、「正しいことってなんだろう」っていうことを考えさせられると言ったとことでしょうか。

ほとんどの方にとっては人生の中で最初で最後または人生最後の異常干支の中にいますので、歴史の教科書に載るんだろうなという時代に生きてるのかもしれません。


というわけで、2019年の運気のラストである1月度が始まりました。カレンダー上では2020年1月ですが、運気や情勢は2019年の運気のままです。


そうです、私もそしてあなたもまだ運気は2019年の運気のままですので、心機一転は来月からです。これまた最後の最後がどうなるか分からない時期ですので、2019年の総まとめとして有効的に活用をしていきましょうです。


<2020年1月度の暦や星回り>

六害宿:2019年12月26日〜2020年1月12日、1月25日〜1月31日(2020年は2月・3月・6月もあります)
冬土用:1月18日〜2月3日(間日 1月24日・25日・27日)
八専:1月10日〜1月21日(間日 11日、14日、16日、20日)

冬土用は他の土用よりも厳しいと言われています。
年そのものを切り替える土用なので、かなり厳しいです。


<2020年1月度の象徴>

先月度とそんなに変わりませんが、良くも悪くも「男性」が注目される月です。
地位、公的な仕事、大きな企業、こすっからさがキーワード。

そしてこちらも先月度に引き続き、ご結婚のタイミング自体は良いです。
いわゆる「嫁ぐ」というご結婚が良いですよ。

そして、今月「秘密」を作ると色々厄介になります。


そんな感じでしょうか。


そして、今年は「子」で、干支の最初に戻りました。
ということは、今年は新しい12年が始まったという解釈でもあります。
ということは、今年の行動が12年間を決めるという解釈でもあります。


過去よりも未来、うしろよりも前を見ることがとても大事なのかなとは思います。


お仕事始めでお忙しいとは思いますが、嫌なことがあっても「今月はまだ新しい運気になっていない」と思い出しながらお過ごしくださいませ。



<2020年の運勢鑑定はアプリ経由でも行っております>