昨日は牡牛座満月、そして11日より八専始めです。


今日、ちょうど5年ほど鑑定をさせていただいているお客様方が大変大きな変化や進展をされているご連絡を頂戴し、「吉報」を頂戴しました。


時には鑑定ではないような白熱した会議のようになったりすることがあって、私としてはものすごく刺激がありました。

例えば、「これやりたい・これになりたい」という仕事ってその人にほぼ向いてない仕事なのですが、「これなら自信あるかも」というご自身の命運をどこかで理解していらっしゃる上でのお仕事への挑戦・独立でしたので、流されたものではなく、「無から有を生み出す」という創造性が高いもので、私も四苦八苦であの手この手で鑑定を行わさせていただきました。

まだグレーヘアーの年齢ではありませんが、この5年で白髪が増えました笑。
私はこの現象はいい意味で捉えようと思っております。

ま、ただの老化現象の初歩なんでしょうけど。


で、


吉報の結果にしたのはあくまでもご本人の努力というか、「運」の意味を紆余曲折しながら歩まれたことに対しての可否が「可」になったというのが結果に繋がっただけであります。


これで占いに頼るのは数ヶ月に一度の開運法のやり取りだけになるので、その時の感情だけでつい依頼をするという、私が全力で阻止したいお金の無駄な使い方の鑑定はもういらなくなる。

周りの方々からすれば小さいことなのかもしれませんが、私にとっては目的達成、な感じです。

私は占い師の仕事はとても大切なのは変わりませんが、自ら挙手をして選んだ仕事ではありません。


だからこそ大切なものです。
大切にしたいからこそひっそり細々、なのですが、

このお客様方の今までのやり取りの中で、「他のことにも取り組む大切さ」というきっかけを作っていただいたことには本当に感謝をしています。


どんな物事でも「得意」と思うことってないと思います。

というのも、「得意です」という物事ってだいたいそれで失敗するので、個人的にも得意なものなんかありません。例えば「自分、そこそこモテる」んですという自己申告はだいたい異性問題で積んだりします。


全くモテなくて良かったです。


そんなことより常に勉強できるもの、そして答えというものもありませんから、一生ガリ勉でいられる人生でいたいなと思います。



☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::


<年内の鑑定スケジュールについて>

年末年始は12月29日より1月4日頃までお休み予定ですが、その前の12月17日より、鑑定をお休みさせていただく日が増えます。ヤバめな暦の時は双方にとっていいことありませんので、鑑定しません。

<2020年のスケジュールについて>

普段の活動範囲外の鑑定ツールである「スキルスタンド」経由であればいつでも対応をさせていただいております。それ以外につきましては、件数を絞っての鑑定予定となります。

占い以外の別事業&家庭持ちなので、今年同様に鑑定可能な時期が不定期となりますことをご了承くださいませ。

当たり前なのですが、真面目に鑑定したいので、できない時期はお休みいたします。

また、個別の対面や個別の電話相談は、対面は地元のみでそれ以外の予定はなし、お電話やスカイプ鑑定については長年リピートされているお客様のみの対応となっております。

新規でお電話鑑定をご希望の場合はmiror経由でお願い申し上げます。