450-20180626101330273216


9月ぐらいになると、そろそろ来年の運勢をまとめる時期です。私なんかはかなり遅い方でして、夏ぐらいから取り掛かる方もいらっしゃるのではないかと思います。

とはいえ、2020年の行く末を易で出すのは冬至の日ですので、12月22日で全て完了するということになります。

2019年の個人の運勢は翌年の節分までですのでまだ5ヶ月は今年の運気のままではありますが、そういえば昨年の冬至で出した今年の象徴は、「快楽に溺れていたら人生詰む」でした。

お薬的なもの、性的なもの、悪い金儲け的なものなど、「快楽の追求をすると後悔する」ものは人それぞれだったかとは思いますが、出た易は全うな結果だったかなと思われます。一応、著名人などが起きたトラブルはその年の象徴的なものですので、一般人からすると指針になります。

それで、2020年はオリンピックイヤーです。私は東京生まれ東京育ちの人間ですから、過去に一度開催していても私が生まれてからこの年齢になるまでのウン十年間は、レガシー化した東京の街並みだけでした。そしてこれからウン十年後、今度は上書きされたレガシー化の頃には「現世のことなんかもう知らんがな」な世界に行けるのだと思うと、感慨深いものがあります。

おそらく人生で最初で最後のオリンピックを身近で体感できる者の中のうちの一人であります。何気に私の地元ではどこもかしこも突貫工事を行っていて不便な暮らしを一昨年あたりからしています。もしかしたら、公共の工事はちゃんとした施工会社なんでしょうか、悪い暦の時は工事をお休みにする工程にしてる会社が多いです。

そんなことはどうでも良くて、2020年の前に今年の12月17日〜1月12日までは再び吉と凶が逆転する時期からの冬土用が2019年度の暦にトドメを刺しにきますので、それまでに色々整理整頓をしておきましょう。

2020年の個人の運勢鑑定は10月中旬以降あたりからご依頼を受け付けさせていただきます。