雨ばかりで、我が家の犬が機嫌が悪かとです。

占い的に、山羊座は今年は冷夏にするのか猛暑にするのかを夏土用までにはっきりして欲しいと思っております。


そもそも「0か100か」しかないのが山羊座なのですから、これを決めなくてどうする山羊座、それでも山羊座かよと思ってしまいますが・・・


「そんなことまでやる筋合いはねぇんだよクソが」と、ついに山羊座が大爆発している予感がする山羊座満月でございます。


昨年秋頃から「50」というグレーを学んでいる山羊座の方は多いのではないでしょうか。


占い師的に山羊座といえば、OL時代に遭遇した月山羊の「あの男」。


きっと人生もキャリアも詰んじゃってんだろうなと思ってしまいますが、ふと思い出したので、いやでも過去と繋がるこんな時期ですから、くだらない占い四方山話でも。



今考えれば一度きりしかない人生の中で最も無駄だったご縁でございますが、この月山羊男(以下ヤギオ)は、ジャンルや規模を問わず、どんな話題も「俺話」に変えるような輩でして、人の「こうだった話」も全て「俺」に変えてしまうという黒魔術を持っておりました。



ちなみに、「マレーシアより」とか「タイより」とか、聞いてもない情報を真剣な相談事の最後の文章で送りつける「煽りの黒魔術」も持ち合わせていました。



当時の運気的にこういうのにとっ捕まるのは仕方がないということは分かってはいたものの、個人的には早く縁が切れる運気を心待ちにしておりました。


ただこのような黒魔術を持っている方はこの世にたくさんいますのでそこはいいとして、占い師が許せなかったのは、常日頃から「俺は藤井フミヤに似てるとよく言われる」という事です。


別にファンでもないですし、世代的にドンピシャではないのではありますが、どこをどう見ても似ていると即答できない風貌と体型、そしてきっとお母様から送られてきたTシャツなんだろうなというファッション(当時ヤギオはアラフォー)、他人の結婚式に必ずチェッカーズを歌うという恥知らずな部分が不思議と憎しみを感じるほど許せませんでした。


そもそも、そんなことは私の個人的に人生には全く関係のない事であり、大してご縁もない相性でもあったのに、許すことができませんでした。


個人的に・・怒ることは無駄なことだと思っている(興味がない)ので、許すとか許さないとかもどうでもいいのですが、これだけはマジで許せない出来事でございました。



「似てるか似てないかはわからないけど、あまり人に言わない方がいい事だとは思うけど」



と縁切りの運気の日に伝えてから、やめた方がいいものの、ヤギオはいわゆる陰湿な大人の嫌がらせを数年間してきたのではありますが、そんな事をすれば2022年から全てを失う運気におり、現時点で既に色々詰んでいるかと思いますので、それだけが悔やまれます。



ただ・・・私個人としてはどれだけの勘違いをすればここまでたどり着けるのだろうかと思っていたのですが、とりあえず占いで見てみるかと運命学的な観点でヤギオを考察したところ、「藤井フミヤに似ている」という考えは正しいことがわかりました。


ヤギオと藤井フミヤの命式を出してみると、これまたほぼ似ている命式であり、ホロスコープもほぼ同じであり、ヤギオの気質(物事の視点)から考察をしてみると、ヤギオの視点から見た景色というのは、藤井フミヤは自分の分身であり、自分の陽の部分そのものであり、自分自身は陰の部分を支えていて自分という存在が成り立っているという認識でいるのです。



なので、「似てる」という発言は正しいことになります。


この経験を経て、私は色眼鏡を捨て、2ウイークコンタクトに変えて生きようと決めました。



「陰湿」「傲慢」「男尊女卑」「人種・職業差別」「権力の有無で人間性を決める」という事をしてはいけない命式なのに、私のような女とのご縁の中で自分の運を自ら壊すスタイルを取り、身をもって全て実行をしていただいたことに、感謝と許す事をしてみた山羊座満月です。



もう幸は来ないだろうけど、ご縁ができたのも何かの因果でございますから、ヤギオに運命とは真逆の幸がやってきて地球のどこかでよろしくやっていることを願わさせていただきます。