b30_4452


気づいたらもう中旬になっております。すいません、今月度は月別ができません。

ここのところ通信環境が思わしくなく、水星逆行の影響下でこのようなことが起きるということは、今月は暦もよろしくないので、やらないほうがいいというお知らせかなと思いましたので軽めに書かせていただきます。

2019年7月度の易占い



「一人で向上しようとしてもまだ芽が出てきた段階。周りの人との協調を優先すれば今よりも一段階前に進める」


こんなんでました。


おそらく、いたって普通な生活をなさっている大多数の方が、状況は違えど「過去」と遭遇しているもしくは思い出してしまっている時期の真っ最中のはずで、はやる気持ちを抑えているか、それともものすごく重たくなっちゃってるかのどっちかだと思われます。

今月は何しても後々何かが残るとか継続するということはないので、現状維持が大事というのは易でも出ています。


また、執着が出やすいのも今月度の暦の特徴ですから、本当に手に入れたいものがある時は手放すことや諦めることが重要ですから、その辺のコントロールをするためには一人にならずに周りとコミュニケーションを取りましょうというところでしょうか。


それと、私が言うのもあれですが、運気確変のチャンスは先月が山場で、12月頃まで回ってこないことと、今月度は占いへの課金のしすぎ・有償無償問わず占い依存にも注意です。安定剤代わりにやってしまうと余計に不安定になりますので注意です。


ご本人がそれでもいいということであれば私ごときが止めることではありませんが、8月になって「お金がない!占いのせいだ」なんていう発想に辿り着いてしまうのは大変悲しくもあり、その結論は全く違うんじゃないかなと個人的に感じますので最初から警告を出させていただいております。


お尻を叩くのではなく、背中を押させていただいて明るい未来を翌日から歩んでいただけるようなディスカッションをしながらお客様の鑑定を真面目にやっていきたいので、今月は暦が暦なので、できれば来月以降の行動指針の鑑定大歓迎だよーって感じなので、占いのし過ぎには気をつけてくださいませ(大事なことは何度でも申し上げます)


そして、開運術をしたい!というご依頼は大歓迎の中の大歓迎ですので、いつでもどうぞ。


一人でも多くの方が何事もない暦になりますように。



お悩みを運命学・運命計測・断易・タロットで5つまで鑑定します