idol


占いで最も多いご相談はやはり「恋愛・結婚」です。中でもお相手のことについてのご相談はとても多いです。

私は占い師を長い間やっていますが、ほぼ「毎日」と言っていいほど、「またこのテの男性か・・・」と思わず声が出てしまうほど、ダントツでご相談が多い異性のタイプがいます。

占いでダントツで多い=人気がある・モテるとは違いますが、占い依存になりがちな相手でもありますので、今回はその件を。

占われてる回数ランキング第一位は・・・「比肩の男」



この命式を持つ人は「占い師泣かせ」だと思っています。正直、あんまり本人を直接占いたくない占い師は多いのかも。理由は後ほど書くとして。

ですが、当の本人様は占いにはほとんどいらっしゃらないはずですが、逆にこのタイプとご縁があってからというものの、私生活にも影響が起きるほど悩まされている女性が多く、毎日のように鑑定をしております。

相手が違くても女性のご相談内容というか、感情の部分の出方はみなさま同じです。

「この人にとって私の存在はなんなのか」ということ。個人的にはかなり危険な状態(自分の個性を潰している)と思っていますが、どうしてここまで相手を翻弄するのか、この「比肩」について少し厳しめに解説したいと思います。

ご相談にいらっしゃる方の共通した悩みを起こさせる



大していい男でもなく、思いやりもほぼ皆無に近く、包容力もまるでないのが比肩を持つ人の特徴ではありますが、なぜか女性はこの気質を持つ男性に惚れ込んでしまうことが多いのです。

占い的に「男らしさ」という解釈ではなく、「男性ホルモン的な強さ」があり、顔がかっこいいとか悪いとかではなく、女性側の女性性を引き出せるほどのホルモンレベルなのかなと思います。これはフェロモンとか色気とは違います。男性ホルモンの強さだけですので悪しからず。

つまり・・・わかりやすく言うと、女性が男性の気持ちを分からないように、男性は女性の気持ちを汲み取ることはできません。その中でもダントツで女性の気持ちが全く分からないのが比肩です。

わかってくれなくて「ムキー!」となるけど、なぜか気持ちを離すことができないで苦しんでいる方はとても多く、同じ立場に立てばそうなる気持ちもわかります。でも、本当は包容力や思いやりがある男性を望んでいる女性がこのタイプに異常に惹かれる傾向があって、重症化する方も多く、占い師側からしたら、ご相談に来ている方の方が魅力的なのに、どうしてそこまで惹かれるんだろうな・・・と、今でも疑問に思うこともあります。

出会った当初は「キラキラ」してた女性がハマるのが比肩の男



不思議なことに、このタイプの男性と出会った当初の女性というのは、とてもキラキラしてるし、仕事も順調、収入も順調な方が多く、次のステップに踏もうかなと思った矢先に現れるのが比肩の男です。

この気質を持つと、「ブランド・肩書き・美人」の3つが大好きですので、大体の女性はこの3つを持っています。でも、この男にハマるとこの3つがどんどん失われていき、気づいたら何もなくなっていたということも少なくないです。

率直に申し上げると、人間の上っ面だけで判断をしますから、あんまりいい奴ではないと思ってます。はい。いわゆる、「自分の隣で綺麗にしときゃいいんだよ」というのが本音ですので、私はやめた方がいいとは思います。ですが、それでも惹かれる女性は多いです。

最終的には「敵対的依存」の状態になっている方が多いのですが、比肩は読んで字のごとく、「(人と)肩を並べる」ことで自我を保つ人です。そう、敵対的依存をしてきているのは、相手の男の方。

つまり、ブランド・肩書き・美人が好きでも、どこかで「このやろう、俺の方がすごいんだぞ」という気持ちを持って張り合い、そして相手をどんな手段を使っても突き落とそうとするので、女性がダメになっていくのです。

例えば比肩に「結局、誰のことが一番好きなのでしょうか」ということを聞くと、「うーーーん・・・自分自身かな」と嘘偽りなく言いますので、自分以外は全て2番手。

おそらく、1番手になりたくて追いかけているのかもしれません。
ライバルの女性がいるとかなら対策はありますが、ライバルは相手自身なので、自分が大好きすぎてたまらない人のさらに上を行く存在になることは皆無でしょう。

出会った当初は優しくてマメなのが比肩の男



どんな方でも「最初はすごいアプローチをしてきてたのに・・・」ということをおっしゃいます。おっしゃる通り。最初は彼側の猛烈なアプローチがありました。このタイプは「その瞬間”いいな”と思った人であれば誰でもアプローチする」ところがあり、自分の勝手なイメージの中で「なんか違うな」と思ったら「ただの知り合い」程度に降格させます。

個人的には、降格されたからといってお客様の価値が下がるわけではなく、むしろ逆に上がるのに(運気も上がるのに)、降格された瞬間に追いかける女性が多いこと・・・。

アプローチをされた時点で「攻撃体制にかかっている」と思った方がいいです。

比肩の男と合う女性はいるのか?



鑑定を何度も何度もしていくうちに、このタイプへの不平不満爆発な内容になるのも、占い師としては想定の範囲内です。そのため、最初から「考え直した方がいい相手」と申し上げる唯一の男性です。

では逆に、このタイプと合う人はいるのか?ということですが・・・先の将来を約束しないのであればたくさんいます。

結婚ができないとか結婚に向いてないという男性ではないのですが、目先の刺激だけで物事を決めますから、結婚は難しいかなとは思います。そして、結婚をしても「奥さん2番・俺1番」なので、苦労も耐えないと思います。

尽くすタイプの女性もいらっしゃいますが、40年、50年も尽くせるかどうかという部分では少々疑問に思います。

なぜここまで言うのかというと・・・



もちろん、占い師個人は若い頃はこのタイプのことに惹かれた経験があるからでございます。

重症化まではせず、最終的に私は「心の底から大嫌い」になったのでそれ以降、プライベートで比肩の男とのご縁は一切なくなりました。人ってあんまり人のことを嫌いにならないと思いますが、占い師としては別として、個人的にはご勘弁ではあります。

一度でも惹かれた過去があるからこそ、ご相談にいらっしゃる女性の心情や「どう思われているのか」ということを聞きたくなる気持ちもわかります(比肩が相手の場合はほぼ気持ちを見るだけが多い)。

小手先のテクニックや相手を持ち上げるような言動もあんまり効果がない相手で、追われるより追いかけたいタイプでもあり、追いついたら今度は距離を置くというところがあります。

子供っぽいとか、不器用という言葉ではなく、そういう気質しか持ってないので、占い依存になる前に、「相手の男はどこかに比肩を持っていないか」というチェックはしてください。

でも、唯一の救いは、基本的に「いい女」しか好きではないので、アプローチされた=あなたはいい女ということ。つまり、占いにいらっしゃる女性というのはほぼいい女しかいないということなので、できれば包容力があって思いやりのある男性とご縁を持っていただきたいです。

占いは時々、それ以外は自分の時間や趣味の時間を楽しく過ごして幸せになっていただくことが、占い師にとって幸せというものでございます。