774e958d01820b2475cd3a2ab54a9ebd_s


諸事万般のご利益・大黒天開運供養法



ネガティブな暦の記事が続いたので、大昔の開運法のお話を。

お正月になると、地元の七福神巡りをする機会がありますが、その七福神の中でも「財運・金運アップ」のご利益をいただけることで知られている大黒天様の供養の暦を出しました。

一般的には年6回訪れる「甲子」の日に大黒天様に供物を捧げて祭祀すれば開運すると言われてますが、今回は旧暦8月に何度がチャンスがある簡単な開運供養法の方になります。

ちょうど六害宿も終わり、夏は開運術の季節でもありますので、この記事を見られた方はあまり知られていない開運術を行えるラッキーな方だと思います笑。


大黒天様を供養することによって開運を授かる



「福の神」とされている大黒天様を供養するとはなんぞや。と思われる方がいらっしゃると思いますので簡単に説明を。

「供養」と聞くと、「亡くなった方の冥福を祈る」ことをイメージするかと思いますが、供養というのはそれだけではありません。

冥福を祈る以外に「尊敬の念を持って奉仕すること」「共え支えること」を意味します。大黒天様はそもそもは「仏像」ですので、供養をして開運をしていただくという手法があります。

あまり気難しいことを考えず、そしてお参りすることは悪いことではなく、お参りするという行動が吉に転じますので、シンプルな感覚でこの意味を理解していただければと思います。

この大黒天供養開運法を本格的に行う場合は「祈願書」と「神授文」をお唱えするのですが、どんな方でも簡単にできる方法を今回はご紹介します。

大黒天供養開運法のやり方



やり方はとても簡単かつ気軽にできるものになります。

”旧暦8月の辰の日に大黒天様に百円を供える”

です。近所や馴染みのある寺院(神社にも祀ってあります)などで大黒天様をお祀りしているところに出向いて100円を納めれば、諸事万般に渡り万倍の利益になって返ってくると言われています。

2019年・大黒天供養開運法の日



9月4日 (水)
9月16日(月・祝)
9月28日(土)


2019年は上記の時期になります。祝日と土曜日もあるので行きやすいのではないでしょうか。むしろ良いタイミングだと思います。

神社仏閣の参拝方法



私の占いスタイルはあくまでも「暦読み」で、神仏を前面に持ち出す系ではありません。が、占いをされる方は運を上げるためやご祈願・御祈祷のために神社仏閣に行かれる方が多いので、本来の参拝方法を1つだけ。

それは、「参拝後に神社仏閣の近くにある飲食店で食事をする」ことです。


パワースポットで良い気をいただきたいならこれは作法の一つだと思ってください。


例えばお賽銭やお守りを購入して「お金を落とす」という行為は決して間違っていませんが、周辺のお店でお金を落とすことの方がむしろ正しい方法である。ということはどんな方でもご存知かなとは思いますが、あまりにもパワースポットとかエネルギーをもらうことだけに集中しすぎてる方が多く、欲望まみれなエネルギーに変わっているっぽいので念の為お伝えしておきます。

開運法をした後は自分の力で行動を



私は開運術が好きであり、長年に渡り実践と研究をしています。


お客様にも相手の気持ちや今後どうなるかを占いで見るよりもまずは開運術をして前に進んでいただきたいと思っています。

ですが、実は神仏に関しての開運術はオススメしていないというか、あんまり神仏だけに頼るのも如何なものかと思っているのも事実です。開運術は魔法ではなく、「1つだけの選択肢を2つにしてくれる」とか「Aという運命の他にBという運命をぶつけてきてくれる」という、チャンスやきっかけを与えてくれるので、もちろんその人の「事前の種まき」と「事後の行動」をして初めて開運術の効果が出るからです。パワースポットに行けばいいことが起きるではなく、あくまでも自分の行動次第であり、特に財運や金運は「結果ありき」で吉凶が出るものであります。

御参りすることは悪いことでもなく、そして心の安定や背中を押してくれるきっかけにもなりますので、夏の開運術のスタートは大黒天供養開運法を是非お試しあれでございます。