そもそも、占いをする時というのは「背中を押して欲しい時」とか「目に見えない不安が襲ってきた時」に利用するものだと思います。

現に、いわゆる「運気が良い時」に占いをしに来る方はいらっしゃいません。

「占いをするお金がないほど運が悪い」という場合もごく稀にあります。

それはさておき、占いの鑑定をしないで自分の運気の状態を知る方法はあるのでしょうか。

あります。

部屋に生花または観葉植物を飾る



80e118040b857d675f9facbeba6480c2_t

占いの中でも基本中の基本の手法でして、最も分かりやすいやり方です。

生花の場合はいづれは花が散りますし、観葉植物も世話をしないで放置しておけば枯れますが、そういった現象ではなく、運が悪い時は「なぜか早く枯れる・萎れるのがとても早い」という現象が起きやすいです。

中でも、「人間関係」で何か問題があって、それが不運の原因である場合の時はとても分かりやすくこの現象が起きやすいと言われています。

自分自身の不運の要因となるものがなんなのかということを知らせてくれるのが、生花や観葉植物なのです。

生花や観葉植物に関しては、「悪い気を吸い取ってくれている」という説がありますが、その説は状況によりけりなので、この説が最も有力であるということは私は思っておりません。

むしろ、「なんだか最近ツイてないな」という時こそ、生花や観葉植物を部屋に飾り、しばらく様子を見てみることをお勧めします。

個人的な経験ですと、割と立派な観葉植物を入手して部屋に飾ったのですが、2日ほどで突然根腐れしてきたことがあり、水をやりすぎているわけでもなく、しかもこれから大きく育つというものなので不良品ではありませんでした。

今度は別のお店でもう一度同じものを購入してみたのですが、全く同じ現象が起き、それ以外にも庭先で大切に育てていた花や植物たちも突然しおれたり、アリの住処になっていたりなどの現象が突然起きました。

嘘のようで本当の話でして、昔の話ではなくつい3年前の話です。

よくよく冷静になって考えてみると、とある人間関係や環境が元凶で、これまた仕方ないので別の開運術で縁を切ることをし、理不尽な切られ方でしたがなんとかその環境から抜け出すことができました。

その後、もう一度飾ってみたところ、みるみる育ち、今では大きくなりすぎて庭先で大切に育てています。

こういうパターンもあったりしますので、女性であれば生花を飾ってとりあえずやってみるというのはアリだと思います。

オススメの生花・観葉植物



自分の不運を見極める際にオススメの生花・観葉植物があります。

オススメの生花

623f6a28792980fd4df43d1cd8d65286_t


生花を飾る場合ですと、ユリ系全て・フリージア・スイートピーなどの「香りがある花」がオススメです。

ユリ系は基本的に長持ちするのでオススメですが、ユリは咲いたらとても美しい花です。ですが、しおれたりすると本当に醜い状態になる生花ですし、花びらが落っこちることでも知らせてくれます。

また、香りがあるお花は占いの世界では開運術の際に絶対的に必要とされています。


オススメの観葉植物


c4fd5656fc5b165bcda7c04e64145c64_s


観葉植物を飾る場合ですと、ガジュマルがオススメです。



スピ系界隈でも神秘的なものとして扱われていると思いますが、サイズが小さい時から根っこがしっかりしていること、そして木の枝の部分も太くて強いので、部屋に飾るならガジュマル一択です。


花や植物を飾ることは悪いことではない



基本的に、自宅の中に花や植物があることは決して悪いことではありません。

何もない状態で何かを見極めることはとても難しいことで、人は自分以外に頼れるツールがなければ人生を渡れないのでは、と思います。

占いは女性の方が多く活用されますが、お花は「女性性」を意味しますから、不運を吹き飛ばしたい方は一度やってみることをお勧めいたします。