鑑定とその他諸々のお仕事がございまして、こちらの更新を怠ってしまいました。申し訳ありません。

そしていつもご依頼をいただきまして本当にありがとうございます。

基本的にお客様とのタイミングが合えばその場でスパンと出させていただいておりますが、そもそも人の悩みや葛藤というのは長年の蓄積がありますので、一瞬で解決できる手法はありません。

そのため、鑑定結果も複雑怪奇なものが多いです。


そのため出し直しor細かく解読していくなどの作業を行っておりますので、よろしくお願い致します。


11月後半の暦予報



2014-11-kouyou-free-photo1-thumbnail


ちょこちょこお読みいただいている方がいらっしゃるようですので、今月度後半の暦予報を。

11月度は、11月7日〜12月6日までになりますので、各個人の運気はこの期間が「11月の運勢」となります。

今年は個人の運勢よりも世の中を象徴する暦が色々交差しておりますので、それが個人への影響を強めていることがあります。ですが、今年はそういう1年ですし、2010年〜2015年までは割と何をしても咎めはなかったはずです。


世の中のツケは全員で返していく、これが自然の法則ですが、「誰かがやってくれるからいいだろう」と思えば思うほど、自分に回ってくる。占い師も、何も知らなかった若かりし頃は、大変苦い思い出があったりします・・・あははは。



<11月度の要注意日>

八専:11月16日・18日・19日・21日・23日・24日・25日・27日

水星逆行開始:11月17日〜12月7日 →11月23日前後要注意

天王星逆行中:2018年8日8日〜2019年1月6日

以上です。八専と満月が重なってますので、23日前後は特に受け身でいた方がいいかもしれません。

11月度の指針



今月度の行動指針は、「進まない、だが行動せよ、始めよ」です。

行動して始めるということをすれば、物事は進みません。しかしそれでいいのです。始めなければ真実はわからないし、真相もわかりません。

そしてもう一つ。

「目の前の出来事の解決方法は自分の心にあり」です。

目の前の相手だけが悪いのでしょうか、いえいえ、自分以外の人だけが悪いとかダメとか、そういうことではなく、逆に「そう思ってしまう」のにはあなたの心に原因や理由があるのかもです。

そこととことん向き合いながら前に進みますので、物事が進まない・真実を追求するという象徴が出ているのではないかなと思います。

ルールや規則よりマナーを大切にすると、クリスマスはハッピーになれるかもしれません。

とりあえず簡単に書かせていただきました。