9月17日より八専の暦が始まっています


074540


ほとんど知られていない暦の流れが現在起きているのですが、9月17日からの12日間は「八専(はっせん)」と呼ばれる暦に入っています。

この八専は、「十干十二支」から成るものでして、十干と十二支の五行が重なる日のことを指します。

八専は1年のうち数回やってくるのですが、 ものすごく簡単にいうと「良いものはさらに良くなる」「悪いものはさらに悪くなる」という吉凶がはっきりする時期である、と解釈します。また、「水の気から始まり、水の気で終わる」ことから、雨が多い時期でもあります。

占いで、「いつも占いする時って悪い日ばっかりじゃないですかー!」と仰られることが大変多いのは分かっているのですが、感覚的に「悪い日」を感じて不安になって占いをされる、ということが実は多く、自分にとって感覚的に「嬉しいこと・楽しいこと」があれば、占いなんかしないで日々の生活を謳歌してるというものだったりします。

この「八専」は決して「悪い日」ではなく、なかなか結果が出なかったものの中で「白黒はっきりする」ということが起きる時期ではないかなと、私は思っています。

それは、「(自分にとって)悪いものはさらに悪いと出る」「(自分にとって)良いものは良さらにくなる」という、結果的に白黒はっきりつけられて前に進める暦だからです。

しかし、普段は別々に存在する天と地が一緒になりますので、「気の流れが傾く」という意味合いもあります。そのため、進行中の物事に対しては慎重になることも必要です。

八専の影響を受けない日



この八専の時期の中で、特に八専の影響を受けない日があり、これを「八専間日(はっせんまび)」と呼びます。

【八専の影響を受けない日】
9月18日 9月21日 9月23日 9月27日
です。この期間中は前に進むための準備だったりをやってもいいかなと思います。

八専の日にしていいこと・してはいけないことはあるのか



実際に、八専の時期に「していいこと・してはいけないこと」というのもあります。

【していいこと】
建築、植樹などの発展的・建設的な行為

【してはいけないこと】
神事・仏事
結婚
引っ越しや解体、断捨離などの処理的・破壊的な行為
大きなものの契約

になります。

八専の時期は自分自身の今までの結果が出てくる



個人的に私もあまり好きな時期ではないのですが汗、八専の時期というのはこの時期までの自分自身がやってきた結果が出てきます。

物事には始まりがあって、そしてプロセスを経て結果が出るのはどんなことにも該当しますので、それがお仕事だったり、恋愛だったり、人間関係だったりなどで自分の中での課題だったもので結果が出ます。

しかし、この時期をきっかけに自分を内省することができたり、この時期が終わった後からライフスタイルを変化させて開運させる努力をすると、次の八専の時期には「良いものがさらに良くなる」という現象が起きるかもしれません。

占いで「良い日」は有効に活用し、「悪い日」は慎重になるという陰陽のバランスをしっかり取ると良いのかなと思います。